投稿

20200531 よシまるシン|どちてbot

イメージ
子供の頃、テレビでアニメ「一休さん」をよく観ていた。実在の人物「一休宗純」をモデルにした主人公の小坊主「一休さん」が身の回りで起こる難題をとんちで解決していく物語。当時(室町幕府)の将軍、足利義満すら言い負かす一休さんのとんちがこの物語の魅力の中心だったが、その一休さんのとんちがどうしても通じない相手というのがこの物語に度々登場した。その相手が「どちて坊や」だ。
 彼の攻撃は、あらゆることにひたすら子供特有の「どちて?」をぶつけるのみ。いくら答えを返しても、「どちてそうなんでちゅか?」とさらに言い返される。そのうち誰もが何も答えられなくなっていく。。恐怖の質問マシーン。もっとも単純な「どちて?」という三文字でできた銃弾の連射がこの世界に風穴を開け、その本性をこじ開けていく。こいつ最強じゃん。子供心にそう思ったのを覚えている。
 のちに哲学者ソクラテスの存在を知り、「こいつ、どちて坊やに似てるな」と思った。かつてソクラテスも、ひたすら問答によって相手の無知をあぶり出し、哲学の祖となったのだそうだ。ただ、どちて坊やがソクラテスのように哲学的な思索/探究のために質問をしていたかは不明だ。彼は「答え」を求めて問いを発していたのか。もしかしたら何も考えずただ「どちて?」と言いたいだけだったかもしれない。ただの「どちてbot」。。
 とにかく自分にとって「どちて坊やショック」は大きく、「何かを知っている、わかっている、ということの脆さ」みたいなものがその時に強烈にインストールされてしまった。そしてそのまま年をとってしまい、「変などちておじさん」になってしまった。今もSNSを眺めながら「?(どちて)マーク」をひたすら頭の上に浮かべている。そしてどちて坊やと同様、こちらに答えは何もない。
 そんなこんなで、はちみせではこちらを売ってます!買ってね!!
はちみせ よシまるシン一覧

(よシまるシン)

◼️書いた人

よシまるシン Shin YOSHIMARU @YOSHIMARUSHIN
デザイナー・イラストレーターほか
http://yamadagawa.com
https://twitter.com/YOSHIMARUSHIN

20200530 よシまるシン|でもそんなの関係ねえ!

イメージ
たまに妄想の中で、小島よしおの「そんなの関係ねえ!」というネタを自分でやっている。もちろん海パン一丁で。当然ながら身体は堅いし鍛えてないし、みられたものではない。
「でもそんなの関係ねえ!」
 これをいつだろうとどこだろうと構わずやってみたくなる。おそらくみた人にとって、面白くはないと思う。受けないと思う。
「でもそんなの関係ねえ!」
 そもそもパクリだ。一切自分のオリジナリティはない。
「でもそんなの関係ねえ!」
 これを公衆の面前で延々やってみたくなる。もしかしたら通報されるかもしれない。
「でもそんなの関係ねえ!」
 それでもやり続けたい。もしかしたら逮捕されてしまうかもしれない。
「でもそんなの関係ねえ!」
 留置所に入れられるかもしれない。
「でもそんなの関係ねえ!」
 それでもやり続けてみたい。何も食べず、休まず、怒鳴られようと、殴られようと、
「でもそんなの関係ねえ!」
 そのうち狂人だと診断されるかもしれない。
「でもそんなの関係ねえ!」
 拘束され、口も塞がれるかもしれない。
「でもそんなの関係ねえ!」
 口を塞がれているので、そうは聞こえないかもしれない。
「でもそんなの関係ねえ!」
 そしてそのまま死んでしまうかもしれない。
「でもそんなの関係ねえ! はい、オッパッピー!」

 妄想内で、強烈にこの生き方に憧れてしまうことがある。でも他のこともしたいので、実際はやらない。
 そしてそれは置いといて、はちみせではこちらを売ってます!買ってね!!
はちみせ よシまるシン一覧

(よシまるシン)

◼️書いた人

よシまるシン Shin YOSHIMARU @YOSHIMARUSHIN
デザイナー・イラストレーターほか
http://yamadagawa.com
https://twitter.com/YOSHIMARUSHIN

20200523 前田麦|MY WORK&FAVORITE INSTGRAM&CHOWCHOW 8

イメージ
もともと運動もしないし、割と自宅にいることが 多いので、はっきり言って暇を持て余していません! しかも1日あっという間に終わる。 何かを作るのは楽しい。(でもそれは健康故)

⚫︎MY WORKS
既存のシタンプを使ったコラージュ「STAMP BY ME 」から BACH  by  NEW ONIGIRI IKURA


⚫︎MY FAVORITE CREATIVE  INSTGRAM
https://www.instagram.com/viktorandrolf/?igshid=kbsns9mbqe0l VICTOR & ROLF フランスのデザイナーデュオ。 個人的には、コレクションによって好き嫌い両極端 なんですが、発想がぶっ飛んでいて好きです。


⚫︎MY FAVORITE  CHOWCHOW INSTGRAM
https://www.instagram.com/leo_the_lion_chow/ LEO THE LION 口角があがっていて、いつも 舌を出しているので笑っているみたいです。

(前田 麦)

前田 麦 / 印箱 [STITCH ROSE] 3-Color ¥2,200 税込
前田麦 一覧|83


◼️書いた人


前田麦Mugi MAEDA @bakumae
イラストレーター アーティスト
http://www.ribbonesia.com/

20200522 山中正大|アネノマスク

イメージ
こんにちは 山中といいます。 イラストを描いたり、陶器で動物をつくったりしています。
このサイトでも販売して頂いてるんですが、 猫柄の手ぬぐいを毎年1柄作って販売させていただいてます。
その手ぬぐいを切り刻んで実の姉がマスクを作ってくれました。 名前がアヤなので、アヤノマスクだそうです。
まわりで結構評判良くて、作って売りなよ!と言ったら 私はデザインは好きだけど作るのはそんなに好きじゃない。だそうで、 ほしい方はぜひここでご購入いただいて、自作でよろしくお願いいたします。



(山中正大)



山中正大  一覧 [ 83 ]


◼️書いた人

山中正大Masahiro YAMANAKA @mshr_0612
イラストレーター 陶作家
https://yamanaka-m.com/

20200521 山口マナビ|家のなかのよからぬ気配

イメージ
えらく風の強い日。 窓の外がガタガタ鳴ってるなとは思ってたけど、 気づいてはいけないことに気づいてしまいました。
もしかして、これは、風の音ではなく
戸袋に動物が入り込んでガタガタ言わしてるのでは!!!
そんなところに本気の巣ごもりされたら、なにかの拍子で未確認生物とエンカウントとか、さらに室内まで侵入してくる可能性とか、飛びかかってくる危険性も120パーありますし、そんなことするのは可愛くない動物の可能性がたかいし、にわかだから可愛くない動物はきらいなのです。
それ以来、ガタガタ言わしてる気配がするたび、戸袋のあたりの壁を棒でバンバン叩き鳴らして発狂しながら姿のみえない動物と遠回しに闘っています。
風が吹くとガタガタ暴れだす得体のしれない動物が戸袋の中に潜んでるなんて、こわくて最近では窓に近よるのも避けていますし、叩き過ぎて棒は割れたし、壁には穴があきそうですし、持病の癪は悪化するし、コロナで入金は遅れるし、そういえば一年前には玄関の前にカラスの死骸も置かれていました。
戸袋の中で引っかかっている戸に強風が当たっているだけなんてことは、ぜったいに、かくじつに、状況的に、ミリも考えられないので、にわかだから動物がきらいですし、二度と窓にはミリも近づかないことにしてるし、そういう近づきたくない戸棚とか天袋とかが、家の中にいっぱいあります。

イラストレーターの山口マナビです。 はちみせではイラストプリントのトートバッグや、イラストプリントに刺繍したトートバッグをお取り扱いいただいています! https://83s.shop/?category_id=5dc4503db2f6fd02cdc63900
(山口マナビ)
つぎの日記は山中正大さんです

山口 マナビ / レリーのヴィーナス トートバッグ [Lely’s Venus] ¥3,080 税込
山口マナビ はちみせ一覧 [ 83 ]


◼️書いた人


山口マナビManabi YAMAGUCHI @manahiyama
イラストレーター
http://manabiyama.com/

20200520 土屋 遊|複雑な推しアイス

イメージ
あ、これは夏だ、夏の夜だ……。と思った。 玄関も窓も全開にして夜を過ごせるのは限られた季節だけ。たまに通り抜ける夜風の気配。なんだか知らないけど新緑の匂い。今(昨日だけど)がまさにその時。
そして、アイスだアイス! とも思った。
二番目の推しアイス
わたしはお菓子やアイスにあまり興味はないのだけど、ここのところお気に入りがあって毎日買いだめしては1日4つくらい食べている。
お気に入りのアイス2つは、奇しくもファミリーマートにある。わたしの天敵であるところのファミリーマート。たまに覗くと相変わらず憎き店長がいる(本当にいつでもいる)ので、「あいつのレジだけには並びたくない(でも買う)」という一心で、機械に疎いわたしが一発でセルフレジを攻略してしまった。人間、本気出せばわりとなんでも可能なのかもしれない。
イチオシアイス
これは一推しのアイスである。苦手なはずの生クリームが上に乗っているが、さわやかテイストで乳臭さがない。イチゴジェラート部分にとても合う。そして底にはジャムが待ちかまえている。きっとニコニコして待ちかまえている。最初から最後まで一貫して旨い。
もうひとつはカシスとなんとかオレンジのバー。食感も微妙に上下で分かれていて、シャーベット風味。
ちょっともうアイスについて書くの飽きた。
そんなことより一昨日の晩、VRANAの井上(83はこちら)さんがツイートしていたyoutubeに夢中になったのだった。 カラスのヒナが落ちたらしいワシの巣のライブです。一緒に育てるんでしょうか たしかにワシが、ヒナ、そしてその半分くらいのサイズのカラスのヒナを甲斐甲斐しく世話をしている。ライブということはナマである。ワシが餌としてとってきた何かのヒナをつい育ててしまったという話は前にも読んだことがあるけれど、リアルに観られるのはコーフンする。しかしワシのヒナは兄弟間でも生き残りをかけて死闘を繰り広げるなどという話も聞く。これはいったいどうなるんだ……。 ことあるごとにチェックしていたが、けっきょく2日後にカラスは忽然と消えてしまった。夜中にチェックした時見当たらなかったので最悪な事態を案じていたけれど、明るくなって確信した。いない。
夜中に確認したときのキャプチャ。でもこれ見るとカラスヒナっぽいのがいますね…
井上さんによると、ワシヒナに潰されてそのままエサになってしまったとのこと。んーリアルはそうそう童話の…

20200519 バックヤード|コレクション2

イメージ
あらためまして、グラフィックデザイナーの菊地です。バックヤードという屋号でいろいろやってます。前回の日記で、着眼点ひとつで感動できるデザインについて書かせもらったのですが、今回はそこにもう一歩踏み込んだコレクションを紹介します。これです、ドン。

「カップ焼きそばの湯切りの剥がす部分」ですが、この部分ひとつとっても各社さまざまな試行錯誤が手に取るように感じられます。3分たった瞬間にゴミ箱行きになるという、ある種の儚さがここにはあります。スペースシャトルに例えるなら最初に切り離される燃料タンクのような。セミの成虫でさえ1週間、カゲロウでさえ数時間生きるのに…(諸説あり)私はこの部分を、亡骸でも拾うかのように集めています。

デザインもいい。前回の半紙のパッケージ同様、コレもほぼ1色~2色で展開されており、その機能性を全うするかのように数字が大きく記されていたり(必然的に”3”や”C”が多いのが、また可愛い)と、小さなスペースに必要な情報がギュッとコンパクトに入っているのがポイントでしょうか。剥がした裏面もThis is グラフィックって感じで無駄にかっこいいんです。
まぁですね、むちゃくちゃ大雑把に書くと、グラフィックデザインというのが「伝達」に趣きを置いたものとした時、プロダクトデザインはやはり「機能」が重要視されていると考えます。このなにげない「剥がす部分」にはその「伝達」と「機能」を兼ね備えているという点で、ひょっとして実は特別なモノなんじゃないのー?と思えて、ついつい集めてしまうわけです。
皆さんも生活の中で自分だけの大切なデザインを見つけて欲しいなぁとは、ぼんやりですが思います。それを見つけるか見つけないかで暮らし方が大幅に変わるかも…大げさですけどね。おしまい。
(バックヤード 菊地) つぎの日記はたぶん土屋 遊です
---
同時刻に販売のリチャードぎあステッカー 83初の、ステッカー即日SOLD OUTで人気だったステッカーが再入荷です

バックヤード / リチャードぎあ ステッカー ¥330 税込
バックヤード一覧  [ 83 ]

◼️書いた人
バックヤード(菊地 和広)@kikuch グラフィックデザイナ一
thebackyard.biz